ホーム

お勧め格安SIM~MVNO

mineo マイネオ

他社にない独自サービスが魅力

お勧め度:★★★☆☆(※)

「mineo(マイネオ)」の魅力を一言で言うと、他社にない独自サービスを通じてユーザーと密接に関わり、ユーザー満足度が非常に高いMVNOだと言えます。

「mineo(マイネオ)」には「マイネ王」というmineo利用者のコミュニティがありますが、ここではmineo側からの情報提供だけでなく、ユーザー同士の交流が盛んで、ユーザーがユーザーの相談に乗ったり、本音の意見交換なども積極的に行われています。


特徴的なのは、「チップ」と呼ばれる「10MB分のパケット」を贈る仕組みがあり、掲示板に役立つことを書かれていたり、質問に良い答えを貰った時などにチップを贈ることができます(「いいね」のような感覚です)。

また「フリータンク」という仕組みがありますが、ユーザーどうしがパケットを融通しあうことができるパケット互助会のような存在で、容量が余った人がタンクに入れ(寄付)、足りない人が月間1000MBまで引き出して使うことができますが、入れるのも出すのも無償です。

ユーザーコミュニティなので、何GB入れなければならない等の規則はなく、ユーザーどうしの助け合いの精神で順調に運営されています。

筆者も「フリータンク」に何度か寄付をしましたし、逆に足りない月に1000MB貰って凌いだこともあり、非常に良い仕組みだと思いますし、そうした仕組みがユーザーの有志で運営されている事に居心地の良さを感じました。


「mineo」は、回線速度の維持向上に非常に誠意をもって臨んでくれるMVNOでもあります。

常に「ランキング」で上位に入る人気のMVNOですから、既存ユーザーに加え、新たに加入するユーザーの数も半端ではないはずですが、回線増強の予定を開示するなどして、ユーザーと一緒に使いやすいMVNOを目指す姿勢は特筆に値します。

加入者が増えれば回線速度は低下~回線を増強~さらに加入者増~改善増強を繰り返すのがMVNOの宿命のようなものですが、低下した速度を長期間に渡って放置する事なく、同月内でも必要であれば複数回の回線増強を行う運営姿勢は、実際には常に高速という訳にはゆかない中でも、ユーザーとして安心して利用できる数少ないMVNOではないかと思います。

そんな事当たり前…と感じますが、実用にならない速度を長期間放置してユーザーを顧みないMVNOは少なくありません。

「mineo」は、「IIjmio」と並んで経営姿勢や運営方針に非常に信頼感を持てるお勧めMVNOです。

mineo


mineoの料金は業界最安値を争うような設定ではありませんが、標準的な料金設定ではあっても、上記のようなユーザーに配慮し満足度を高めるような運営方法によりコストパフォーマンスは非常に高いと言えます。

また「mineo」では、数少ないマルチ回線(ドコモ/au)キャリアであり、回線を超えたプラン変更ができる等の独自性も人気を博しています。

■ドコモプラン(Dプラン)

500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM 700 800 900 1,580 2,520
SMS付データSIM 850 950 1,050 1,730 2,670
音声SIM 1,400 1,500 1,600 2,280 3.220
単位:円(表記は全て税別)

■auプラン(Aプラン)

500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
データSIM 700 800 900 1,580 2,520
音声SIM 1,400 1,500 1,600 2,280 3.220
単位:円(表記は全て税別)

auプランは「SMS機能」は無料で付加されています。

「Dプラン」「Aプラン」共に、余ったパケットは翌月に繰り越すことがでます(翌月まで)。

また、複数回線の契約の場合、50円/1回線の複数回線割引を受けることができます。

パケットの購入(パケットチャージ)も可能(150円/100MB)です。

mineo


大手キャリアでは常に高速通信ですが、実はテキストメールの送受信やLINEトーク等は特に高速な通信速度を必要としません。

そこで「mineo」では、200kbps通信の「低速モード」を設ける事で、高速通信が不要な場面でのパケット消費を抑制する事が可能で、専用のアプリで簡単に切り替えることができます。

「低速モード」時の通信速度も優秀で、200kbpsの最大速度にちかい速度で利用できるため、高速データ量の節約に大いに役立っています。

中央の大きな円内の数字で残容量が一目で分かり、下部の「スイッチ」で低速⇔高速をワンタッチで切り替えることが可能です(ONが低速)。

mineo


キャリア/MVNOに関わらず、基本的な通話料金は20円/30秒です。

「mineo」では、通話料をお得にパックした2種類の「通話パック」と、「5分かけ放題」の2タイプの通話定額が用意されています。

「通話パック」の方は、

30分840円/60分1,260円の定額で通話ができます。

基本通話料の20円/30秒で計算すると、30分の通話料は1,200円、60分の通話料は2,400円になりますので、各々3割引で利用できる事になりますが、規定時間以上の通話は基本通話料20円/30秒の課金となります。

また、「5分かけ放題」は、1回の通話が5分までの通話を回数無制限で発信できる通話定額サービスで、5分超過後も10円/30秒の半額通話で利用し続ける事ができます。


他社MVNOでは「かけ放題」サービスを提供するケースが増えていますが、の使い方によっては短時間のかけ放題では使いにくい場合もあり、ユーザーによっていずれかを選択できるのは、ユーザーの要望に応えようとするmineoらしいと言えるかもしれません。

mineo



mineoのその他の特徴

余った通信量を繰り越せる

前月に使いきれなかったパケット量は翌月まで繰り越せます(翌々月繰り越しは不可)。翌々月まで使切れない場合は、フリータンクに寄付すると良いかもしれませんね。

初速バースト機能

「低速モード」使用時に、通信の最初の部分だけ高速で通信する機能~バースト機能を搭載しています。

メールやLINEトークはもちろん、軽いWEBの場合は「低速モード」でも案外すんなり表示することができます。

縛り・解約違約金がない

音声/データいずれでも、いわゆる「縛り」がなくいつ解約しても違約金はかかりません。

ただし、音声SIMの場合で他社へのMNPの場合は転出手数料が請求されます。

注):「解約」と「MNP(転出)」は異なりますのでご注意下さい。

家族割引・複数回線割引

家族または個人で複数回線契約している場合、50円/1回線の割引を受けることができます。


mineo



付記

2016年07月現在、「mineo」の通信速度の低下が目立ちます。

人気の高まりに連れて、通信速度を回復しにくくなっているようで、特に昼12時台には1Mbpsを割り込むことが増えており、使い勝手に悪い影響が出始めています。

そのため、お勧め度を「★3」に減らし、お勧め順位も暫定的に下げておきます。

ただし、「mineo」は非常に良心的な事業者なのでこのまま放置するとは思えませんので、改善増強などで速度が復活したらお勧め度も再検討したいと思います。



豆知識

「mineo」は、ケイオプティコム(関西電力)が運営していますが、IP電話である「LaLaCall」も運営しています。

IP電話とは、電話回線ではなくインターネット回線を使用して通話できる電話で、通話料が安いのが特徴です。

固定電話へ スマホ・携帯へ 050 IP電話へ
LaLaCall 8円3分 18円/1分 無料(※1)
LaLaCall(30秒換算)(※2) 1.33円/30秒 9円/30秒 無料(※1)
半額アプリ 10円/30秒 10円/30秒 10円/30秒
通常電話 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒

※1:局番が「050」のIP電話の一部と無料通話が可能です。無料通話ができないIP電話もあります。

※2について説明します。

通話料金の「**円/3分」は、3分単位で課金されることを表しています。

この場合、通話が30秒で終わっても3分ぶんの料金が課金されます。1/6の料金にはなりません。その代り、3分まではずっと同じ料金で通話できることを表します。3分経過すると、次の3分ぶんの料金が加算される仕組みです。

これをよく誤解される方がいますが、「/**秒」や「/**分」は課金の単位を表しますので、それ以下の単位に分割される事はありません。この表ではあくまで同じ時間の比較のために30秒換算しています。


「LaLaCall」は月額100円の基本料がかかりますが、「mineo」ユーザーは基本料が無料になります。

通話品質が若干ネット環境に左右されることがありますが、以前に比べ雑音も減って余程の悪環境でない限り、普通の電話に比べて特に音質の悪さを感じる事は少なくなりました。

家族や友人など若干の雑音が入ってもゆるされる相手には安く通話できます。通常の電話と1台のスマホで併用できますので、使い分けるとお得に利用できるかもしれませんね。

mineo


筆者の「mineo」を利用した感想はこちら


©SIM navi
Powered by Pake Mania
Copyright all rights reserved.