ホーム

お勧めMVNO

低速モードがあるMVNO

データ通信節約の鍵は低速モード

「低速」と言うと、大手キャリアの感覚ではデータ容量を使い果たした後の「我慢の時」みたいなあまり良いイメージがないと思いますが、格安SIM/MVNOにおいてはそうではありません。

中には「低速モード」を提供しているMVNOもあり、「低速モード」を上手に使いこなすことが料金節約の鍵…とも言えるんです。

各社「低速モード」を提供していて、アプリやマイページから任意(好きな時)で「高速」⇔「低速」を切り替える事ができます。

以下では、単に低速モードを提供しているだけでなく、低速時の実効速度が理論値に近い数値が出る使い勝手の良いMVNOをご紹介しています。


毎日スマホを使う中で、実は高速通信を必要としない場面があります。 大手キャリアの場合は「高速」⇔「低速」を切り替える…という機能がなく常に高速通信を使っていますが、実はテキスト中心のメールや、SNSトークでの会話などはいわゆる高速通信は必要ありません。 つまり言ってみれば、不必要な場面でも高速通信を使っていて、お金を出して購入した貴重なデータ容量を無駄遣いしている事になります。

「低速モード」を提供しているMVNOでは、ユーザーの任意で「高速」⇔「低速」を切り替える事で、有料のデータ容量を無駄に使わず、ここぞ…という時に振り向ける事が可能になり、全体的なデータ使用量を削減する事ができます。

これにより、より少ないデータ容量の契約も可能になったり、追加購入も減らす事ができるなど、通信料金節約に大きな効果があります。


「UQmobile」の低速モードは「節約モード」と呼ばれます。

専用のアプリでデータ容量の残量を確認し、任意のタイミングで「高速」⇔「低速」を切替える事が可能です。

「UQmobile」の低速は2タイプあり、2年契約の「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」では300kbpsと他社MVNOよりも若干速い速度の低速モードを利用できます。

また1年縛り(音声SIM)の「データ高速プラン」では、通常の200kbpsの低速で利用することができます。

筆者が実際に計測した結果、常に理論値200kbpsに近い速度がコンスタントに出ていて、低速時でもストレスの少ない通信が可能です。

理論値は同じ200kbpsでも実効速度が遅く実用性の低いMVNOもありますので注意が必要です。


UQmobile詳細


「IIJmio」は、ドコモ回線/au回線いずれでも低速モードを利用できます。

「IIJmio」の低速モードは、「IIJクーポンスィッチ」と呼ばれるアプリから任意に「高速」⇔「低速(200kbps)」を切替える事が可能です。

筆者は現在au回線TypeAを利用していますが、常に理論値いっぱいの速度(時として超える場合も)が出ていて使い勝手抜群です。

TypeAはまだ利用者数が少ない事もあり通信に余裕が感じられ、低速時においてもかなりの速度が出ているように体感します。

ドコモ回線に関しては、やはりトップ5に入る人気MVNOだけに利用者数は相当なもので、やはり若干速度に影響が出ているのは否めませんが、速度低下を放置するような事業者ではありませんので、一定の速度は維持できるものと思います。


IIJMio詳細


「DMMmobile」は、「IIJ」の回線を借り受ける形でMVNOを運営しているため、通信速度や品質についても基本「IIJ」によく似た結果となる事が多いMVNOです。

「DMMmobile」でも低速モードを提供しており、通信速度はIIJとほぼ同等の高品質を維持しています。

専用アプリを配布しています。


「mineo」でも、200kbpsの低速モードを提供しており、専用アプリによって任意に「高速」⇔「低速」を切替える事が可能です。

アプリからは速度の切り替えだけでなく、マイページとリンクしているので様々な手続きや確認が可能になっており便利です。

「mineo」は非常に人気が高くユーザー満足度の高いMVNOですが、その分ユーザー数も多く通信速度においては苦心せざるを得ない傾向は人気MVNOの宿命と言えるかもしれません。

低速時の速度は理論値に近い優秀な数値を計測しており使い勝手は悪くないと思います。


mineo詳細



豆知識

通信速度というのは、高速にしても低速にしても「理論上の最速値」を表示しており、低速時200kbpsが一般的です。

しかし、実際に出る速度「実効速度」は各社で違うのが悩ましいところです。

一口に「低速モード」と言っても、正直、使い物にならない速度を提供しているMVNOもありますが、現時点では「実効速度」表示の義務がないために、実際に契約してみないと通信速度が分からないという事が起きています。

できれば、速度計測サイトなどのデータを参考にして速度を誤魔化しているような事業者を選ばないようにお気を付けください。


©SIM navi
Powered by Pake Mania
Copyright all rights reserved.