ホーム

格安SIM/スマホコラム

初期費用が安くなる

裏技:お試し利用にも使える!

通常、MVNOと新規契約をする、MNPで番号移行する場合には、契約事務手数料というものがかかります。

3000円+税ですがので、高額でもないのですが、MNPするたびにかかるので繰り返しているとボディブローのように効いてきます(笑)。

MVNOの場合、特にデータSIMには最低利用期間を設けていない処が多く解約手数料を取られないので、自分にあったMVNOを探すために何社か試しに使ってみることも可能なんですが、そのたびにかかる契約事務手数料はちょっと困ります。

でも、その契約事務手数料の負担をぐっと少なくする裏技があるんです。

例えばこちらをご覧ください。


これは、ユーザーフレンドリーなMVNOとして人気の高い「mineo(マイネオ)」のエントリーパッケージと呼ばれるもので、「エントリーコード」が記載されています。

このエントリーコードを添えて「mineo」に申込むと、なんと契約事務手数料が無料になる…というお得なシロモノなんです。

このエントリーパッケージ自体がAmazonで400~500円程度で販売されていますので、差引き2500円ほどお得になる…というものなんです。


こうしたパッケージは、「mineo」だけでなく他のMVNOでも名前こそ違いますが、同じようなお得なパッケージを購入することができるんです。


こちらは「DMMmobile」のSIMパッケージで、購入後SIMが届いたら所定のURLへアクセスして申し込めば契約できてしまいます。

仕組みはほとんど同じですが、「mineo」の場合はドコモ回線とau回線両方を持っているので、SIMを直接販売せずに「エントリーコード」という形にしているものと思います。

こうしたパッケージを使えば、気になる事務手数料をぐっと安くすることができますので、手軽にお試し契約ができてしまいますね。

 ⇒mineo
 ⇒DMM mobile


豆知識

「mineo(マイネオ)」は、ドコモ回線とau回線、両方を取り扱っている唯一のMVNOです。

大手キャリアを含めても(大元なんですから当たり前ですが)、1社で別々のキャリアの回線を利用できる通信会社は「mineo」だけです。

しかも、ちょっとした手数料を支払えば「ドコモ」⇔「au」のSIM交換が可能です。

また「mineo」は、企業としての姿勢が非常にユーザーフレンドリーであると評判の事業者で、回線増強などにも積極的かつユーザー優先で考えてくれるお勧めのMVNOです。

もちろん、人気のMVNOなので加入者の増加も半端ではない訳で、タイミングによっては回線混雑で通信速度が低下する場合がありますが、それを長期間に渡って放置するような事がない事業者です。

1か月の間に複数回でも回線増強を行うこともあり、通信速度を落とさない努力をしてくれるMVNOです。

もし、MNP転入先を決めかねているようであれば、上記エントリーパッケージを使って、データSIMをお試しで契約してみては如何でしょう?

そして気にったら、今の回線(電話番号)でMNPすればいいわけですから(先のデータSIMは解約しても違約金は発生しません)。

 ⇒mineo


2016/06/18


©SIM navi
Powered by Pake Mania
Copyright all rights reserved.