ホーム

格安SIM/スマホコラム

通信料節約の鍵は通話料

スマホ料金を抑えるには

何GB契約するか…。足りなくならないか、余ってしまわないか等々、MVNOと契約する際に多くの方はデータ量の事ばかり考えがちですが、実は、毎月のスマホ料金を安く抑えるには通話料に注目すべきなんです。

通常、1枚のSIMで「通話」も「データ通信」も…ということだと、音声SIMを契約することになります。

その際、毎月利用するパケットに関して「ちょうど良いパケット量」は何GBなのか考えますが、通話料に関してはあまり深く考えることはないように思います。

けれど、データ通信は固定制のプランを契約していれば、一定のパケットを消費すると、それ以上に料金がかからない仕組みになっていますのであまり問題はないのですが、通話料はそうはいきません。

黙って「素」の契約のままで電話をかけると「20円/30秒」という料金が課金されます。上限なく電話すればするほど課金されます^^;

ですから、この「20円/30秒」の通話料を安くすれば全体のスマホ料金も安く抑えられますよねってお話しなんです。


少し前までは大手キャリアしか選択肢がなかった「通話し放題プラン」や、一定時間の通話料を割安に提供する「通話パック」をMVNOが提供し始めています。

大手キャリアの通話し放題プランは、フルタイプで2,700円、ライトタイプ(5分間)で1,700円という料金ですが、MVNOは「放題プラン」も安く提供されています

ライトタイプ(5分)で850円前後、まだ1社のみですがフルタイプで1,700円前後となっています。さらにMVNOのライトプランでは、5分経過後の通話料も半額10円/30秒なのが嬉しいですね(大手キャリアの通話し放題は5分経過後は20円/30秒になります)。

毎月の基本料も安く、通話し放題プランも安く、さらに規定時間後の通話料も半額…となると、もう大手キャリアでなければならない理由が希薄になってきますね。

※ちなみに、MVNOではありませんが「Y!mobile」は10分間の通話し放題が付属しています。

通話し放題プランを提供しているMVNOは以下です。

さらに、ここ最近になって増えているのが「通話パック」タイプです。

通話パックとは、一定の通話時間を限度にの通話料を割安に設定しているもので、例えば月間60分までの通話を30分ぶんの料金で提供する…というものです。

「通話し放題プラン」で先行した他社を見ていて、それでは掬い取れないユーザーの要望~1回の通話が5分では収まらない等~に応えるため、違う方法を模索したのではないでしょうか。

あるユーザーには、5分間なら何回でも基本料のみでかけ放題が良いかもしれませんが、回数は少ないけれど1回の通話が長めの別のユーザーには、月間トータルで通話料が割安の方が使いやすいかもしれませんよね。

どちらが優れている…ということではなく、利用する側が自分にあったサービスをチョイスすることができるわけです。

IP電話には以下のようなものがあります。


「プレフィックス型」電話。少し難しい言葉ですが、通話料を通常の半額にしてくれる通話アプリです。

発信される電話番号は「09/080」の自分の電話番号で相手に通知されるので、着信した方も安心して電話を取ることができます。

仕組みは安い海外の回線を経由することで料金が抑えられています。実際には相手の電話番号の前に特殊な番号を付加して発信しているのですが利用者にはわかりません。

単純に、このアプリを使って発信すれば通話料が半額(10円/30秒)になる…と思っていても構いません。

ただ注意すべき点があって、着信に対して「折り返し」で発信すると、それは通常の電話アプリを使うことになるので「20円/30秒」課金されることです。

「プレフィックス電話」は発信専用なので、着信は通常の電話アプリで受けることになりますので、そのまま折り返してしまうと「20円/30秒」の料金が適用されてしまうんです。

着信した電話番号をメモするか、電話帳からプレフィックス電話を使ってかけ直さないと半額になりません。

「プレフィックス電話」には以下のようなサービスがあります。

特に「楽天でんわ」は、楽天モバイルのユーザーでなくても誰でも利用でき、基本料等の固定費用がなく、通話した分だけの請求となるので使いやすいアプリです。

料金に応じて楽天ポイントも貰えるという楽天らしいサービスも付属しています。


通常の電話やプレフィックス電話が、3Gの電話回線を使用しているのに対して、IP電話はインターネット回線を利用して通話します。

メリットとしては、音声SIMでなくても通話ができる事で、月額基本料を安く抑える事ができる事でしょう。

データ専用SIMは、音声SIMに比べて割安なのですが「電話番号」が付与されていないため通常は通話はできません。でも、インターネット回線を使うIP電話であれば、データSIMでも通話ができてしまうのです。

IP電話の局番は「050」ですが、これはある程度の品質を国が認めた事業者だけに使用を許可している番号なので、「050」番号を持ったIP電話は国のお墨付き…と言うことになります。

気になる通話料は各社様々ですが、相手が固定電話だと「8.64円/3分」でかけられますし、携帯やスマホ相手でも17.28円/1分で通話することができます。

通常の電話はもちろん、プレフィックスと比べてもかなり通話料は安く設定されています。

また、「050」局番のIP電話どうしなら無料で通話できるというメリットもあり、さらに月の通話料の節約になります。

反面、デメリットとして最も困るのは「緊急通報(110/119)」を含む3桁番号への発信ができないことです。またインターネット回線を使用するため、ネット回線の品質に非常に影響を受けやすく雑音が入る場合があります。

また、サービスによっては月額基本料がかかる場合もあります(無料のものや、条件によって基本料が免除される場合もあります)。

IP電話には以下のようなものがあります。

※1:「LaLaCall」の月額基本料は100円ですが、MVNO「mineo(マイネオ)」の利用者は無料になります(同じケイオプティコムのサービス)。

※2:「SmarTalk」は、固定も携帯も区別なく「8.64円/30秒」に料金が固定されています。

一見、損するように感じますが、例えば携帯宛に20秒で通話が終わっても他社は「1分区切り」なので17.28円かかりますが、「SmarTalk」は30秒刻みの8.64円しかかかりません。

料金は利用方法によって得にも損にもなりますので、ご自身の利用方法で選んでみてください。



豆知識

電話料金の表示は、「20円/30秒」や、「8.64円/3分」等と表記されます。

これらの通話料を、基準になる通話時間を全て1分に換算して比較している表記を時々見かけますが、誤解をされやすいので当サイトではあまり行わないようにしています。

例えば、「8.64円/3分」という表記は、「2.88円/1分」にはならないんです。1分換算で…という比較なら問題ありませんが、人によっては1分間で終話すれば「2.88円」になると受け取られかねません。

電話料金は、基準になる時間での料金が最低単位ですので、この場合1分しか話さなくても8.64円なのです。

4分話した時は「8.64(3分)+2.88(1分)=11.52円」ではなく、「8.64(最初の3分まで)+8.64(次の3分まで)=17.28円」となります。

「~/○○分」や、「~/××秒」の分や秒は単位で、それより短い時間でも料金は同じだけかかると言う意味なのです。

通話料金を正しく比較するには、比較する料金のうち単位となる時間が一番長いものに合わせて換算すると正しい料金で比較することができますので、1分で揃えるのではなく、逆に一番単位の長いものに換算すると正しい比較ができるわけです。


2016/06/17


©SIM navi
Powered by Pake Mania
Copyright all rights reserved.